スポンサーサイト

2013.10.25 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    小川直久とサーフィン 初心者 練習場所

    2013.10.25 Friday

    0
      小川直久さんのサーフィン上達プログラムでは、これまでにさまざまなレベル・身体能力・年代の人へ、

      1000回以上もレッスンを行ってきた経験が生かされていて、サーフィンがうまくなるために欠かせないスキルを、ごく基本的なところから身に着けていくことができます。


      どんなに複雑なテクニックであろうと、構成要素を細かく分解していくと基本的なスキルで成り立っているものです。


      つまり、サーフィン上達のためには、ほかのスポーツと同じように、基本から順番にレベルアップしていくべきで、

      サーフィン上達プログラムでは、具体的な練習の進め方が紹介されているわけです。


      海に出られる日には1回でも多く波に乗れるようになるのはもちろんのこと、そのために陸上でできるトレーニングメニューも充実しているのが特徴で、

      あなたも、自分のスキルに合わせた練習をしていくことで、手っ取り早く下のようになることができますよ。


      波に持ち上げられていく感覚がやみつきになる

      豪快なリップアクションができる

      今まで以上にサーフィンを楽しむことが出来る

      カットバックにキレが出る




      小川直久さんのサーフィン上達プログラムで、楽しく過ごせるはずの時間を悔しい気持ちで過ごすのは今日で終わりにして、手っ取り早くサーフィンがうまくできるようになるにはこちら








      森本光洋のリズムシンクロ打法とは? 口コミ評判

      小原大二郎 口コミ評判 ゴルフ
      JUGEMテーマ:サーフィン日記

      小川直久のサーフィン テイクオフ バタ足 画像・動画

      2013.10.25 Friday

      0
        せっかく海に出ることができても、波に乗る回数はほんのわずかだし、乗れたとしてもうまくテイクオフできず、ため息ばかりついていたとしても、

        ボードにバランスよく乗れるようになり、サーフィンの楽しさをもっともっと味わえるようになります。


        必死にパドリングしているはずなのに、思うように前に進まず、沖に出るまでに何人にも抜かされてしまうような状態だったとしても、

        良いポジションを発見したら誰よりも早くたどり着けるようになり、練習後は気持ちの良い疲れを感じられるようになります。


        サーフィン上達のためには1回でも多く波に乗る回数を増やすべきですから、良いポジションを奪われないようにするために、パドリングを速くするのは必須です。


        ここでサーフィン初心者がやりがちなミスとして「腕の力に頼ったパドリング」をやってしまいがちで、このやりかただと、

        驚くほどスピードが出ないほか、練習後は腕がパンパンになり、腕ばかりが筋肉痛になったりします。


        小川直久さんのサーフィン上達プログラムにあるように、サーフィンは体の正しい使い方を知ることで、パドリングなんて驚くほど速くなりますし、

        テイクオフするときに、ぐらついてしまうこともなくなります。


        サーフィンがうまい人とうまくない人の違いなんて、結局はこうしたコツを身に着けることができているかどうかの差でしかなく、

        あなたも、適切なやり方で練習をしていけば、こういったコツをどんどん吸収していくことができますよ。





        小川直久さんのサーフィン上達プログラムで、ポジションを奪われ続け沖でプカプカ浮いて過ごすのは今日で終わりにして、何度も気持ちよく波に乗れるようになるにはこちら






        マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム 検証ブログ
        ザ・シークレットサブリミナル 白銀凛 口コミ評判

        1